何が重要?外資系企業の選び方

海外で活躍ができる外資系企業を選ぼう

外資系企業では職種や役職によって、将来的に海外に転勤のチャンスがあるため、グローバルな視点で働きたい人の間で、理想的な勤務先として注目が集まっています。
例えば、営業職として外資系企業の商品やサービスを積極的に売り込むためには、英語による高度なコミュニケーション能力が求められることがあります。
そこで、将来的に待遇の良い企業に転職をしたい場合には、日頃からビジネスに耐えうる語学力を身につけることが大事です。
また、ヨーロッパや東南アジアなどに支社のある外資系企業の中には、定期的な人材交流が行われているところもあり、興味のある国や地域で働くために、興味のあるジャンルの企業の事業内容を確認することがオススメです。

外資系企業の英語の面接でアピールをしよう

外資系企業の内定を得るために、英語の面接の機会を使って、志望動機やポテンシャルの高さを人事担当者にしっかりとアピールすることが肝心です。
特に、専門分野の実務経験だけでなく、人当たりが良く協調性の高い人材は、多くの外資系企業で重宝されることがあるため、早いうちから各企業の採用試験の実施状況をチェックしながら、面接の対策を立てることが大事です。
外資系企業の面接で聞かれることの多い質問事項は、様々な就職情報誌などで紹介されることもあり、お目当ての企業の特徴をじっくりと把握することがポイントです。
その他、既に外資系企業で働いている人のアドバイスを参考にすることで、希望条件に合った企業をスムーズに選ぶことが可能です。