外資系の会社にむいている人いない人キャリア診断

英語は必須!自分の思いが伝わるように

外資系の会社というと、まず最初に連想されるのが英語力ではないでしょうか。勿論、いくら外資系ではあっても社内の会話は日本語だというところもありますが、外国とのやり取りにおいて英語を使うことは間違いありません。そんな外資系の会社に是非入りたいという人は、まずは英語力を身につけましょう。この場合、文法を覚えたり文章を読み書きするだけでは十分ではありません。外資系の会社でやっていくためには、英語で自分の意見や考えを明白に相手に伝えられなければなりません。そのためにはいくら机の上で勉強していても、会話の機会は増えませんよね。
ですから、英語を勉強する際にはできるだけ英語を聞いたり話したりする機会を設けるようにしましょう。英会話の機会が増えるにつれて、きっと自分の思いを英語で伝えることができるようになるでしょう。反対に英語が嫌いだという人はあまり外資系に向いているとは言えません。

好奇心を持ってステップアップ

外資系の会社では自分から積極的に働きかけることが成功のカギを握るといえるのではないでしょうか。そういった意味では、引っ込み思案な性格の人よりは、社交的であまりものおじをしないタイプの人の方が向いているかもしれません。決められたことを黙々とこなすタイプの人は、外資系の会社は少し刺激が強すぎるかもしれませんね。反対に積極的な人は外資系に向いていると言えます。外資系の会社では、好奇心はとても貴重な宝となるでしょう。日本国内だけでなく、取引先の国の様子や文化に興味を持って調べてみることは仕事をしていくうえでも必ず役に立つでしょう。そのうちに実際に訪れてみれば、もっと身近に感じることができるかもしれませんよね。外資系の会社は日本の会社に比べて、実力主義で厳しい部分もあるかもしれませんが、自分のやる気次第ではキャリアを十分に積むチャンスもたくさんあるといえるのではないでしょうか。

ホテル、航空会社など外資系企業にエントリーを行う際には英語で履歴書が必要とされます。ただ英文を並べるのではなく、わかりやすく理論的に表現する能力が求められているそうです。