英語のメールで気をつけたいマナー

日本語でも英語でも気を付けたい基本的なマナーとは

始めに電子メールの基本的なマナーをおさらいしておきます。日本語のメールにはもちろん英語のメールを書くときにも共通していますのでこの3つだけは最低限抑えておいた方が良いです。1つ目はメールの返信は素早く行いましょう。可能であれば1日以内、遅くとも3日以内には返信を行った方が良いです。もし理由があり返信が遅くなるのであればその旨の返信を行いましょう。2つ目はタイトルに「Re.」を続けないことです。内容が変わったらその時点でタイトルを変えましょう。また相手が何のメールかが分かるようなタイトルを書くことも大切です。3つ目はBccを使わないようにしましょう。誰に送ったかが分からなくなり二度手間になる危険性があります。ただし一斉送信などを行う場合はプライバシーへの配慮としてBccを使っても良いでしょう。

英語のメールで特に気を付けた方がいいことは?

英語のメールを書く上で特に気を付けておきたいポイントがあります。それはメールのタイトルを短く書くことです。相手が見てすぐわかるようなインパクトのあるタイトルをつけるように心がけましょう。また返信がほしい場合はタイトルに締め切りを書いておくと親切です。締め切り3日前くらいになったらタイトルの前にReminderと書いて再度送ると相手が忘れていた場合でも安心でしょう。もう一つのポイントはメールの書き始めと終わりに気を付けることです。書き始めはDearで始めればよいため特に難しくはありません。最後はフォーマルな場合と友人に送信するので書き方は異なります。ビジネスで使う場合はSincerely yours,と書くのが無難でしょう。何か頼みごとをした時などはThank you so much for your arrangement in advance.と一言加えるとスマートです。

外資企業など英語が様々なビジネスシーンで必要とされる企業では英語で面接を行う場合があります。オンライン英会話などで練習する人もいるそうです。