外資系企業と日本企業のマナーの違い

外資系企業に転職をするときに知っておきたいマナー

外資系企業の中には、日本企業と異なるマナーが採用されているところが多く、初めて転職をした人は色々と戸惑うことも少なくありません。
特に、外国人のスタッフの数が多い外資系企業においては、社内の公用語として英語が使われていることがあり、上司に対する言葉遣いやコミュニケーションの取り方について、転職活動を始める前から理解を深めることがおすすめです。
また、外資系企業の採用試験の際には、英語による面接が実施されることがあります。
そこで、英語の面接でしっかりとマナーの良さをアピールするために、外資系の転職に強い人材紹介会社にアドバイスをもらったり、業界内で長く働いている人の体験談に目を通したりすることが効果的です。

外資系企業の働き方とキャリア診断の大切さ

外資系企業は、日本型の企業によく見られる年功序列型ではなく、成果主義が人事の評価制度の一つとして導入される傾向があります。
中でも、世界各国で様々なジャンルのビジネスを展開している外資系企業では、過去の結果よりも職場内での実力が重視されることから、常にスキルアップを図ることが重要となります。
そこで、外資系企業の働き方を検討するにあたり、転職支援サイトなどを利用しながら、キャリア診断にチャレンジをすることがおすすめです。
例えば、高いコミュニケーションのスキルが必要となる営業職においては、トーク力だけでなく人当たりの良さや臨機応変に対応できる行動力が必要となります。
一方、企画職や経理職などの専門的な知識や経験が求められる職種に就きたい場合には、日頃から業務に直結する資格や検定を受験することが効果的です。

外資系の求人では、高いスキルを持っていて即戦力となる人材を求めている場合が多く、高収入の求人も充実しています。